日本禁煙推進医師歯科医師連盟
J-STOPとは
 平成18年4月に禁煙治療が健康保険診療の保険適応となりました。
2010年9月現在、日本では、10,640施設が禁煙治療の登録施設となっていますが、全ての禁煙治療希望者が身近に禁煙治療を受けることができる状況にはありません。また、実際に登録施設となっていても、施設によるマンパワーや治療成績には大きな開きがあるのが現状です。一方、日々の診療や日常業務をこなしながら、禁煙に関する情報収集を個人で行うことは大変な負担です。
 このような現状を踏まえ、日本で、個人で、系統的に、かつ専門的に禁煙治療を学ぶためのシステムとして、Japan Smoking cessation Training Outreach Project(以下J-STOP)を設立いたしました。
 J-STOPは、様々な診療科の医師、看護師、薬剤師など、実際に禁煙治療に携わる職種の方を対象とし、インターネット環境を活用したe-Learningによるトレーニングプログラムを開発しました。
 一人でも多くの専門家を育成し、禁煙治療登録施設を増やし、その質の維持と向上のために本プログラムが活用されることを願っています。


Copyrightc2014 Japan Smoking cessation Training Outreach Project All rights reserved